平元小学校ブログ

休み明けの月曜日、今日も欠席者がなく、全校児童が元気に登校しています。
週初めの1時間目は、全学年が国語の授業です。
各学年とも、落ち着いて授業に臨んでいました。
なお、ちょうど今、学習しているのは、2年生『お手紙』、3年生『ちいちゃんのかげおくり』、4年生『ごんぎつね』と、30年以上前から教科書で取り上げられている物語文です。
保護者の皆様も学ばれたと思われますので、ぜひ、ご家庭でも話題にしていただければと思います。
IMG_1091_20171002095032957.jpg
IMG_1089.jpg
IMG_1087.jpg
IMG_1085_20171002095024180.jpg
IMG_1081.jpg
IMG_1078_20171002095018723.jpg
IMG_1076.jpg
IMG_1072.jpg
IMG_1069.jpg
IMG_1068.jpg
スポンサーサイト
いわゆる鹿角ミニバス新人大会がアルパスで行われました。
1回戦の相手は、尾去沢小学校でした。
一進一退の攻防で、1・2クォーター終了時点ではリードしていましたが、第3クォーターには逆転を許し、すっかり相手チームのペースとなりました。しかし、最終第4クオーターで怒濤の反撃を見せ、最後は、39対38の1点差で、見事に新チーム公式戦初勝利を収めました。手に汗握る好試合でした。
準決勝の相手は、昨年のこの大会でも敗れた十和田小でした。この試合も一進一退の攻防で、第一試合同様、1・2クォーター終了時点ではリードしていました。しかし、ゴール下での攻防に敗れたり、パスミスやシュートミスが重なったりしたこともあり、第3クォーターで逆転を許し、その後はなかなか追い付くことができず、最後は49対57で敗れてしまいました。惜しいドリブルシュートが何本もあり、「あれが決まっていれば」と思わせるなど、少し悔しさが残る試合となりました。子どもたちの目にも涙、涙、涙…
しかし、相手ボールに粘り強く食らいついてのターンオーバーや切れのあるドリブルシュートなど、気迫あふれる好プレーも随所に見られました。
この大会での成果と課題を明らかにし、最大の目標としている10月21日の鹿角ミニバスケットボール大会で、最高のプレーを見せてくれることを期待したいと思います。
コーチ陣の皆様、素晴らしい応援を繰り広げた親の会の皆様、新チームを優しくバックアップした6年生、応援に駆けつけてくださった地域の方々や野球部員をはじめとする在校生の皆さんにも感謝いたします。
IMG_1065.jpg
IMG_1063.jpg
IMG_1062.jpg
IMG_1058_20171002080711658.jpg
IMG_1054_20171002080708c08.jpg
IMG_1053_2017100208070552d.jpg
IMG_1051.jpg
IMG_1048_201710020807008e4.jpg
IMG_1046.jpg