平元小学校ブログ

5年生を対象とした「夢の教室」が花輪北小と合同で行われました。
夢先生を務めたのは、アンプティサッカー日本代表の新井誠治選手。
前半は、体育館でジャンケンゲームや「だるまさん転んだ」の要素を取り入れたゲームを行い、新井先生の助言をもとに、みんなが心を一つにして課題をクリアーしました。
後半は、図書室で新井先生の「夢曲線」に関わる、心を揺さぶられるお話をうかがいました。
新井先生は、小学生から社会人になるまで柔道に打ち込み、大学時代には全国優勝をするなど活躍されたそうです。
それが突然、ガンに見舞われ夢を追っていた生活が一変。「絶対治したい」と治療を懸命に行いましたが病気が進行し、足を切断せざるを得ませんでした。
その後、社会復帰するものの再発してしまいました。しかし、「何とか生きたい」という強い意志をもち、最後は全ての血液を他人からいただく治療法に出会い、回復されました。
退院後は様々な人との「出会い」や陸上、スキー、水泳などの競技を経て、アンプティサッカーと出会いました。
そして、アンプティサッカー日本代表として、ワールドカップに何度も出場するなど、現在も活躍されているそうです。
子どもたちには、夢を持つこと、挑戦すること、あきらめないこと、仲間を大事にすることを繰り返しお話ししてくださいました。
子どもたちも、夢に向かってあきらめないで挑戦することの尊さを感じ取ったようです。貴重な体験となりました。

IMG_0785.jpg
DSC_0982.jpg
IMG_0796.jpg
IMG_0795.jpg
IMG_0788_20170911164623812.jpg
IMG_0787_20170911164620dfd.jpg

DSC_1000.jpg
DSC_0998_201709111646017ef.jpg
DSC_0991.jpg
DSC_0987.jpg
DSC_1004.jpg
スポンサーサイト