平元小学校ブログ

昨日から本格的に雪が降り、グラウンドには20cmほどの雪が積もりました。
子どもたちは、寒さをものともせず、大休憩や昼休みに外に出て、思い思いに遊んでいました。
正に「子どもは風の子」です。
DSC_0080.jpg
DSC_0079_20171120182424396.jpg
DSC_0077.jpg
DSC_0075.jpg
DSC_0071_20171120182359606.jpg
DSC_0070_20171120182350b01.jpg

スポンサーサイト
4校時は、低学年が民話を聞きました。
鹿角の方言で情緒あふれる話しぶりに、子どもたちは民話の世界に引き込まれていました。
1年生は「さるかに合戦」、2年生は「小坊コと3枚のお札」、3年生は「佐多六とシロ」などのお話で、皆、地域に伝わるお話に興味津々でした。
読み聞かせの方々からは、「お話を聞く姿勢や、『佐多六とシロが心をしっかりと通わせる様子に感動した』などの感想が聞かれ、じっくりとお話に浸り、考えをよくまとめて発表する様子がうかがえ、素晴らしかった」というお褒めの言葉もたくさんいただきました。なお、大型絵本や紙芝居で、他のお話も聞かせていただきました。
3DSC_0065.jpg
3DSC_0063.jpg
3DSC_0062.jpg
2DSC_0066.jpg
2DSC_0055.jpg
2DSC_0051.jpg
1DSC_0067.jpg
1DSC_0048.jpg
1DSC_0043.jpg
今日は、「おはなしくれよん」の方々がお見えになり、各学年ごとに地域に伝わる民話をお話してくださいました。
3校時は、高学年の児童にお話してくださいました。
4年生は「だんぶり長者」、5年生は「錦木塚物語」、6年生は「八郎太郎物語」などでした。
地域の民話であるものの、ほとんどの子どもにとって、初めてふれる物語のようでした。
お話を聞くことで、民話のもつあたたかい雰囲気や、ふるさと鹿角の長い歴史と文化を感じたようです。
将来は、この物語を次の世代に引き継いでいってくれることも期待したいと思います。
なお、聞いたお話をもとに、子どもたちはこの後、読書感想画を描く予定にしています。

639.jpg
619.jpg
617.jpg
527.jpg
524.jpg
522.jpg
436.jpg
432.jpg
429.jpg
今朝は、全校朝会が行われました。
読書感想文コンクールや人権標語コンクールで入賞した子どもたちの表彰を行いました。
また、今月のめあて「落ち着いた生活をしよう」に関して、廊下歩行の仕方が立派だった学年を、運営委員会の皆さんが自分たちで賞状を作り、表彰してくれました。
友達のよさやがんばりを認め合うよい機会となりました。
DSCN9521.jpg
DSCN9526.jpg
DSCN9530_2017111708405877f.jpg
昨日からの雪がうっすらと校庭に積もりました。
登校後、ランドセルを置いてすぐに外に出て、元気に遊ぶ子どもたちが見られました。
雪だるまを作ったり、雪の中、サッカーに興じている子どももいました。
そういえば、昨日、ある学年では、半分以上の子どもが四季の中で最も冬が好きと答えていました。
DSC_0014_20171117081032cd1.jpg
DSC_0013_201711170810235af.jpg
DSC_0009_20171117081013b6c.jpg
DSC_0004_20171117081004d17.jpg
DSC_0001_20171117080955850.jpg